Azalush5

Audio & Tech系ニュースやレビューなど

Kiwi Ears CADENZA レビュー 〜 TRIPOWIN の姉妹ブランド?エントリーモデルながら見た目もよいイヤモニ…なのか?(謎)

今回紹介する「Kiwi Ears CADENZA」という機種も、そうした機種の一つで、海外では $34.99、日本のAmazonでも税込5千円台前半で販売されている機種です。

Celest Pandamon “食鉄獣” レビュー 〜 Kinera独自のSPD(スクエアプラナードライバー)2.0搭載IEM

中国のIEMブランド中で、製品を神話などの物語に織り込んで独特の世界観を築いている「Kinera (日本では高級機は Kinera Imperial)」というブランド。今回はその Kinera のサブブランド「Celest」から登場した、独自の「スクエア形プラナー(平面磁界駆動型)…

TinHiFi C2 “MECH WARRIOR” レビュー 〜 想像を超える音質と完成度。これはオススメせざるをえない。

ここ最近の5千円前後の中国メーカーのIEM/イヤホンは、音質などの性能が極めて優れた製品が多く、少し前の1万円以上クラスのレビューをする感覚になってきましたが、低価格帯の定番王とも言える TinHiFi から、再び刺客が送り込まれてきました。 端的に言う…

TANGZU WAN'ER S.G レビュー 〜価格を超えた驚異の音質性能と女声ボーカルの美しさ

中国の TangZu Audio (唐族音频) ブランドのエントリーモデルとなる、この「WAN'ER S.G」という機種は、中国の「唐」時代の女帝「武則天(則天武后)」に仕えた才女として知られる「上官婉儿 (日本語名:上官婉児, 上官昭容)」の名を冠したモデルで、パッケー…

TinHiFi T2 DLC レビュー 〜精緻なディティール表現とほぼ完璧な周波数バランス

今回紹介するのは、TinHiFi の代表的な円筒形アルミニウム合金筐体のエントリーモデル「TinHiFi T2」(2017年リリース) から続く「T2」シリーズの最新モデルとなる、今年2022年リリースの「TinHiFi T2 DLC」です。 MSRP(メーカー希望小売価格) は $69.00USD。…

TinHiFi T1s レビュー 〜実売$20クラスでこの音質と完成度は驚き (ただし本体側2pin端子の清掃必須🧹)

TinHiFi というブランドはご存知の方も多いと思いますが、低価格〜中価格帯を中心にラインナップを展開し、どの機種も非常にバランスのとれた音で人気のブランドです。 今回は、その TinHiFi のイヤホンの中でも、HiFiGo で実売 $26 (2022/10/07時点)という…

MADOO Typ711(M001) 〜プラナー型3基+BA型2基のハイブリッドIEM、Acoustune の新サブブランド「MADOO」から登場、香港・中国で先行リリース🇭🇰🇨🇳

Image credit: Acoustune / Madoo プラナー(平面磁界)型ドライバーIEMを主軸とした、Acoustune の新サブブランド「MADOO」 昨年2021年夏頃から中国や香港、台湾などで開催されていたヘッドホン/オーディオ展示会に、参考出展されていた Acoustune の謎につ…

Chord Mojo 2 発表 🇬🇧 〜 Poly との互換性はそのままに中身は大きく進化

2022-02-16 追記あり Chord Mojo 後継機 Mojo 2 発表 昨年末からティザーサイトで2022年1月31日に発表が予告されていた Chord Electronics 社のポータブル FPGA DAC「Mojo」の後継機が「Mojo 2」として発表されました。 Introducing the next generation of …

Shanling UA5 バスパワー/内蔵バッテリーハイブリッド駆動のUSB DAC/AMPドングル、中国で発売🇨🇳 海外は3月予定🌐

Image credit: Shanling バスパワー駆動とDAC/AMP部のバッテリー駆動も可能な、ハイブリッド電源方式のDAC/AMPドングル「Shanling UA5」 Shanling は USB-C DAC/AMP ドングルとして、これまでに「UA1」「UA1 Pro」「UA2」をリリースしていますが、2022年1月2…

Softears "Volume" 中国で発売🇨🇳 〜Softearsのエントリークラス 1D+複合2BA ハイブリッドIEM

Image credit: Softears Softears 初のエントリークラス&モニタークラスIEM "Volume" 昨年2021年12月22日に Softears の公式微博アカウントで予告されていた、エントリークラスの1D+複合2BAドライバー機 "Volume" が、2022年1月24日の晩に中国で発売されま…

qdc の2021年度総括レポート 〜中国のプロアーティストのカスタムIEMの写真満載で見応えたっぷり!🇨🇳

Image credit: qdc qdc 2021年度総括サマリーレポート 2022年1月21日、中国のカスタムIEMメーカー「qdc」が、2021年を総括するレポートを微博に記事としてアップしました。 那些共同的2021时光记忆,都珍藏在这里了 主な内容は、次のような構成になっていま…

第八届中国(广州)国际耳机展 (第8回 中国広州国際ヘッドホン展)3月26日〜27日に開催予定🇨🇳

Image credit: 耳机大家坛 erji-net 第八届中国(广州)国际耳机展(第8回 中国(広州)国際ヘッドホン展)ついに開催なるか 昨年2021年に開催が予定されながら、新型コロナウィルスの影響により安全のため2度に渡って延期された、深圳にも近い「広州」でのヘ…

Campfire Audio が2015年ブランド創設以来の全製品ヒストリーページを新設し公開

Image credit: Campfire Audio Campfire Audio 全製品ヒストリーページ 先日2022年1月15日に、Campfire Audio が2015年のブランド創設以来現在の最新機種まで、さまざまなバリエーションも含めた全機種の一覧を公開しました。 リリース年毎の "Product Histo…

ikko Audio OH2 レビュー 〜 プレゼントにもオススメ♪ 1万円以下とは思えない質感描写力に優れたイヤホン

Sponsored Review このレビューは、HiFiGo 様より試供品を提供いただいてのレビューですが、製品の評価は個人的に率直な感想を記載しています。 独創的なアイディアやコンセプトを製品に具現化している ikko Audio (アイコー・オーディオ) ikko Audio (アイ…

当ブログでは、Google Analytics, Google AdSense 等を使用しています。Google によるデータの収集ポリシーについて詳しくは「Google のサービスを使用するサイトやアプリから収集した情報の Google による使用」を参照ください。

当ブログに掲載の画像や文章等コンテンツの、引用の範囲を超えた無断転載はご遠慮ください。画像等のコンテンツにはメタデータで著作者情報等を埋め込んでいる場合があります。図やチャートの利用をご希望の場合は、@align_centre 宛にDM等でご連絡ください。